急成長を終えた中国のスマホ業界、今後は?

急成長を終えた中国のスマホ業界、今後は?

ここ10年、中国のスマートフォンメーカーは急速に成長を遂げました。
スマートフォンは人々の生活に欠かせないものとなり、メーカーはユーザーがどんな製品を求めているのかを日々研究し、
新しい商品の開発につなげようとしています。
 
また、中国のスマートフォンメーカーの多くが、独自のスタイルでマーケティング活動を行っています。
 
中国は世界最大のスマートフォン市場です。国内のスマートフォンユーザーは6億人を超える巨大なマーケットだと言われています。
 
中国ではe-commerceも盛んで、その多くの取引がスマートフォン経由で行われています。
 

中国一=世界一

中国は世界でもっともユニークな市場です。なぜかというと、中国でナンバーワンになると言うことは、世界でナンバーワンになるということなのです。
中国の多くのスマートフォンメーカーは、中国、そして新興国で売上げを伸ばして世界シェアを広げています。
 
現在、中国のスマートフォン市場で4大メーカーとして数えられているのが、Huawei(ファーウェイ)、Oppo(オッポ)、Vivo(ヴィボ)、
そしてXiaomi(シャオミ)でしょう。
 
ですが、中国にはこの4大メーカーに続く小規模スマホメーカーがたくさんあります。
彼らがチャンスをつかむことができれば、あっという間に世界への階段を上ることができるのです。しかし、物事はそう簡単ではありません。
 

4大メーカーとAppleでシェア9割超え

現在、中国のスマートフォン市場は、既に触れた4社にAppleを加えた5社で、91%を占めているそうです。
 
Huawei
Huaweiは、1987年、電話関連部品を製造する会社として設立されました。現在、通信ネットワーク機器の分野では、世界最大のシェアを誇っています。
 
Huaweiは中国の都市部を焦点に、「高級ブランド」としてのブランディング活動に努めています。
Huaweiは、世界のスマートフォン市場においては、Samsung(サムスン)、Apple(アップル)に続く第3位。
世界でもHuaweiは、中国で成功を収めたブランドとして、その知名度は高いものがあります。
 
Oppo とVivo
OppoとVivoは、とにかく実店舗を開設することでユーザーを得てきました。どの街に行ってもOppoの看板が目に入ってくる。
都会でもOppo、地方の農村地帯に行ってもOppo、という戦略は完全に当たりました。
OppoとVivoがシェア上位にいるのは、紛れもなくこの戦略のおかげでしょう。
 
Xiaomi
反対にシェアを落としたのが、これまではインターネットでの販売に注力していたXiaomiです。
Xiaomiも現在はフィジカルショップの攻勢を仕掛けていて、着実に復活への道を歩いています。
 
Apple
Appleは、もちろん中国のメーカーではありません。しかしAppleは既に中国国内でのイメージが固まっています。
高級ブランドとしての地位は「iPhone X」の登場により、完全に固まったのではないでしょうか。
「iPhone X」は中国国内でも売上げを伸ばしていくものと見られています。
「iPhone」というブランドは、中国国内において、人々の「憧れ」でなければならないのです。
 
Samsung 中国市場では大苦戦
世界一のスマートフォンメーカー「Samsung」は、中国市場におけるシェア2.2%。中国国内でのシェア率は低下しています。

プロフェッショナルはHuawei 若者はセルフィー

中国では一般的に、若者はOppo、Vivo、Xiaomiのどれかを選び、年齢が上がるほどHuaweiを選ぶ傾向があると言われています。
今後、マイナーメーカーが中国市場で生き残ることは、かなり難しい状況となっています。

 
中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入

xiaomi(スマホ・タブレット)